2016年9月20日、中国トップ富豪の息子で実業家・王思聡(ワン・スーツォン)氏の愛犬が、すでにiPhone7を8台も持っていると話題だ。国際在線が伝えた。

28歳の王思聡氏は、昨年の長者番付で1位になった「中国トップ富豪」大連万達集団(ワンダ・グループ)の王健林(ワン・ジエンリン)会長の息子だ。エンタメ事業も手掛け、芸能界の話題には必ず辛口コメントを発表するなど、お騒がせセレブとしても名を知られる。王思聡氏の資産だけでも、40億元(約690億円)を下らないとされている。

その王思聡氏の愛犬ココちゃんも、英メディアに「世界で最もぜいたくな犬」と紹介されるほど有名だ。2歳になるメスのアラスカン・マラミュートで、有名ブランドの洋服やアクセサリーをふんだんに持ち、高級車にお抱え運転手までいる。さらに、中国版ツイッターにアカウントを開設し、そのセレブな暮らしを公開している。

このほど中国版ツイッターに、ココちゃんが8台のiPhone7に囲まれた写真が登場し、そのリッチな様子にネットユーザーからは驚きの声が上がった。「ココちゃんを嫁にしたい」「俺の人生は犬1匹にも及ばない…」などと、嘆きのコメントも見られる。(翻訳・編集/Mathilda)