2016年9月20日、北京青年報によると、中国雲南省大理ペー族自治州大理市の空港で、中国東方航空の旅客機がオーバーランする事故があった。

同日午後3時58分、昆明市から大理市へ向かったMU5935便は、着陸の際に滑走路を外れ草地にはみ出した。関係者は、「雨でスリップし、ブレーキが十分にきかなかったことが事故原因とみられる」としているが、詳しい事故原因は現在、調査中とのこと。なお、この事故によるけが人はいなかった。(翻訳・編集/北田)