英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は21日、2016〜2017年「世界大学ランキング」を発表した。新華社が報じた。

ランキングによると、上位8校は全て、英国と米国の大学が占めた。上位3校は順に、オックスフォード大学、カリフォルニア工科大学、スタンフォード大学。米国の大学は依然優勢を保ち、上位10校のうち7校を、上位20校では16校を独占した。

同ランキングに名前が挙がった世界980大学のうち、アジアの大学は290校、うち19校がトップ200に入り、その数は昨年より4校増えた。アジアのトップはシンガポール国立大学で、世界ランキングは第24位。

中国でランクインした大学は計52校で、うち14校が初めてランクイン。昨年と比べ、北京大学は第42位から第29位に、清華大学は第47位から第39位に、それぞれ躍進した。中国科技大学は第153位、復旦大学は第155位。このほか、中国では、南京大学、上海交通大学、浙江大学が上位400校に入った。

香港・台湾地区について見ると、計6校がトップ200校に入った。うちトップ50入りしたのは、香港大学(第43位)と香港科技大学(第49位)。このほか、香港中文大学は第76位、香港城市大学は第119位、香港理工大学は第192位、台湾大学は第195位となった。

「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」世界大学ランキングの編集者フィル・バディ氏は、新華社の取材に対し、「中国本土の大学の順位が躍進した理由のひとつとして、各校の学術研究における評判、研究が及ぼす影響力、国際的人材の導入実績などが向上したことが挙げられる」と指摘した。

フィル・バディ氏は、「中国はすでに、大学の発展推進に向けた強力な政策を発表しており、莫大な資金を後ろ盾に、世界の一流大学の確立にまい進している。中国が今後引き続き、大学学術研究のレベルアップを強化するよう望んでいる」と続けた。

「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」世界大学ランキングは、教育・研究・知識の転換・国際的視野の4分野における13項目の指標を用いて大学の総合力を評価したランキングで、最も影響力を備えた世界大学ランキングの一つと見なされている。(提供/人民網日本語版・編集KM)