大興安嶺山脈は中国の最北端に位置し、北は黒竜江のほとりから南は西拉木倫河(シラムレン河)上流の谷間に至り、北東エリアから南西エリアへと走る山脈だ。

全長は1200キロメートルあまり、幅は200〜300キロメートル。寒温帯の大陸性季節風気候により、森林は四季折々の鮮やかな自然の景観に彩られる。短い秋は最も美しさをたたえる時節だ。(提供/人民網日本語版・編集KS)