2016年9月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、12日の国内観測史上最大の地震発生から余震が続いている韓国南東部地域で、原因不明の異臭が街を覆い、市民らが不安を訴えている。

24日午後、南東部の都市・釜山の消防本部には、街中でガス臭がするとの住民からの通報が相次いだ。特に、東岸の機張郡にある古里原子力発電所付近の住民からも同様の通報があったため、消防本部は原発への確認などの対応に追われた。古里原発付近では海側から硫黄の臭いがしたという。また、隣接する蔚山市の新古里原発周辺からも、ガス臭がするとの通報が44件寄せられた。原発と消防では調査を行っているが原因は分かっていない。

今年7月下旬、やはり釜山や蔚山ではガスのような異臭がするとの通報が合わせて250件以上寄せられており、付近の工場が発生源とみられるとの結論が出されていた。しかし今月12日、2都市から程近い慶尚北道慶州市を震源とする地震が起こったことから、市民の間ではガス臭が地震の前兆だったのではないかとのうわさがささやかれ、再び発生したガス臭に不安が高まっている。

記事には次のようなコメントが寄せられた。

「本当に恐ろしい国だ。原因も分からず対策もなし」
「地震と関連がありそうなのに、違う、大丈夫だ、しか言わない」
「政府の『大丈夫』がむしろ怖い!」
「爆発しちゃってから『ああ、このせいだったのか』と言いそう」

「これは深刻」
「いよいよ嫌な予感がする」
「まともな政府なら原発を停止して成分の分析調査をするはずなんだが」
「世界的に原発をなくそうという流れになっているのに、韓国はむしろ増加中。本当に間抜けな国だ」

「天が最後のチャンスを与えてくれているんだ。政府が賢明な対処をするよう願う」
「セウォル号事故の時だって、ニュース速報では『全員救助』という情報が出た。頼むから事実を言ってくれ」
「不安で生きていけない」(翻訳・編集/吉金)