2016年9月25日、韓国・YTNなどによると、韓国教育部が主催したイベントで、韓国が主張する名称「東海」を「日本海」と表記した地球儀が配布されていたことが判明し騒ぎになっている。

教育部は同日、問題発覚を受け「該当の製品は、展示場のブースで体験活動に参加した生徒7人に記念品として贈呈したもの。『東海』が『日本海』に併記されていることを発見し、すぐに記念品配布を中断、残った製品は廃棄処理した」との説明資料を出した。

問題の地球儀は、同部が22日から主催したイベントで「放課後体験」に参加した生徒らに提供した5種の記念品のうちの一つ。紙製の組み立て式で、日本海の位置には「Sea of Japan」の下にカッコ書きで「East Sea」と表記されていた。用意された100個のうち7個を配布した時点でこの表記が見つかり、残り93個はすべて廃棄したという。

教育部関係者は「記念品を選定する過程で実物の確認がおろそかになった点をおわびする」とし、今後はイベントに使用する製品について徹底した事前検証を行う方針を明らかにしたが、韓国のネットユーザーからは批判の声が多数寄せられている。

「これで子どもたちの歴史認識をどうこう言う資格はない」
「こっちが恥ずかしいわ」
「本格的な親日政府だ」
「命を懸けて国を守ったご先祖に合わせる顔がない」

「親日の残党がわざとやったんだろう」
「次は旭日旗を配りそう」
「公務員は知らなかったで済むのか?一般企業なら担当者は始末書に懲戒で数カ月減俸だよ」
「教育部長官は辞任を!」

「これは計算された侵略行為だ」
「最近の朴槿恵(パク・クネ)大統領のやることを見ていると、故意性が疑われる」
「親日の芸能人は業界から追放されそうな雰囲気だ。教育部も追放しよう」
「朝鮮時代には『朝鮮海』だったんだから、『韓国海』に変えればいい」(翻訳・編集/吉金)