2016年9月27日、韓国・世界日報によると、韓国・釜山にある大型病院で手術を受けた患者が、輸血事故により重体に陥る事件が発生した。

26日、病院と患者の家族によると、今月23日に釜山鎮区にある大型病院で人工関節手術を受けたチンさん(77)は、手術後に突然血液が固まり始め、意識を失った。病院が確認したところ、人工関節の手術中、B型のチンさんに誤ってA型の血液を輸血した事実が明らかとなった。チンさんは2日後の25日に意識を取り戻したが、まだ重体だという。

患者の家族は手術を執刀した医師らと病院を相手に、刑事告訴と損害賠償請求訴訟を検討している。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「医療先進国の韓国ではあってはならないこと」
「最近は全てバーコードで管理されているのでは?本当に情けないミス」
「後進国でもそんな失敗はしない」

「怖くて病院に行けない」
「今は本当に2016年?」
「病院のシステム自体が腐っている。現場にはたくさんの医師や看護師がいたはずだが、誰も気が付かなかったの?」
「そんなことが実際に起こるなんて恐ろしい。担当職員を殺人未遂として厳しく処罰するべき」

「職員の採用試験にアルファベットの問題を追加して」
「医師に寛容な韓国。訴訟はきっと病院側の勝訴に終わる」
「手術室の監視カメラを公開してほしい。それから、血液を運んできた医療陣の飲酒状態もチェックするべき」(翻訳・編集/堂本)