2016年9月27日、鳳凰科技によると、韓国の研究機関が行った実験で、アップル社のiPhoneやiPadの比吸収率(SAR)の値が、サムスン製スマートフォンの2倍であると指摘された。同日の韓国国会で崔明吉(Choi Myung-Gil)議員が明らかにした。

SARは、人体が電波を浴びることによって吸収されるエネルギー量のことを指す。韓国国立電波研究院(RRA)のデータによると、iPhoneのSARの平均値は1.166w/kgで、サムスンが今年発売した製品の平均値(0.517 w/kg)の2倍以上だったという。

韓国ではSARの基準値を1.6w/kg以下と定めており、国際的な基準値の2w/kgよりも厳しい。崔議員は、2014年から今年4月までにアップル社が韓国で発売した6機種は2等級(0.8w/kg〜1.6w/kg)に該当するとし、9.7インチiPad Proの最高値は1.192 w/kg、iPhone 6とiPhone 6sはそれぞれ1.17w/kgと1.15w/kgだとした。サムスン製のスマートフォンおよびタブレット49機種はすべて1等級(0.8w/kg以下)で、LG電子製は52機種中14機種が1等級、そのほかはすべて2等級だという。

こうした報道に、中国のネットユーザーからは、「韓国は本当に自己評価が高い」「どっちにしろ、爆発するよりいいだろう」「note7が爆発してなきゃ、信じたんだけどな」など、最近相次いでいる爆発問題とからめてやゆするコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/北田)