2016年9月28日、韓国・ソウル市政府は、中国の国慶節連休(10月1〜7日)に合わせ、歓迎する活動を行うと発表した。環球網が伝えた。

韓国メディアによると、当局は国慶節連休中に21万人以上の中国人観光客が韓国に訪れると予測しており、活動は9月30日〜10月7日まで行われる。ソウル市は中国語で書かれた歓迎メッセージを空港に張り出し、人気が高い観光スポット8カ所に歓迎センターを設け、英語・中国語・日本語ができるスタッフが観光客を応対する。

さらに、韓国の伝統を伝えるイベントや、美容関連のイベントも予定されている。同期間中韓国では300社余りが参加する「コリアセールフェスタ」と題したセールイベントを行う予定で、ソウル市はぼったくり行為の取り締まりを厳しく行うとしている。(翻訳・編集/内山)