中国では9月と10月は人材募集のピークとなる。なぜなら卒業予定の学生は秋の就活に勤しみ、その一方で卒業したばかりの新入社員や社会人も転職に忙しいためだ。そのため、中国ではこの2カ月間を人材募集の「金九銀十」と呼んでいるほどだ。信息時報が伝えた。

しかし新卒生はなぜこれほど頻繁に転職するのだろうか?第三者教育データコンサルティング調査機関・麦可思(MyCOS)がこのほど発表した「2016年大学生就職報告」によると、新入社員の半年内の離職率は34%で、そのうち2015年度の大卒者は24%、短大、専門学校の卒業生は43%となっている。大卒者の内訳を見ると、211プロジェクト指定校は13%、それ以外は26%。

専攻を見ると、2015年度の大卒者のうち医学部は12%と最低で、文学部と農学部は31%と最高だった。

大卒の卒業から3年後の転職状況を見ると、2012年度の大卒者は卒業後3年以内に2.2社で勤務経験を持ち、3年間同じ会社に勤務している人は42%のみ。これらの離職者たちの主な離職理由は「成長の見込みが薄い」と「待遇が悪い」だった。

しかし転職により、本当に賃金が上がるのだろうか?上述した調査によると、2012年度の大卒者のうち、3年間同じ会社に勤務している人の月給が最も高く、大卒者が6487元(1元は約15.06円)、短大、専門学校の卒業生が5293元となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)