2016年9月29日、香港・経済日報によると、海外旅行に出かける中国人の3割以上がカップ麺を持参していることがわかった。

韓国と同様、中国でもカップ麺は日常的に食べられている。では、中国人はいったいどれほどカップ麺が好きなのか。旅行会社・阿里旅行などが発表した報告書によると、海外に出かける中国人の31.29%が自国からカップ麺を持参していることがわかった。さらに細かく見ると、中国人の海外旅行の平均日数は約5日だが、カップ麺を持参する3割強の人のうち、50.36%が3〜5個を持っていくという。つまり、持参する人の半数以上は1日1回カップ麺を食べている計算になる。

中国人が海外にカップ麺を持っていく理由は、単純に「食費を抑えたいから」ということではないようだ。報告によると、理由として最も多かったのが、「現地の食事が口に合わなかった時のため」だ。異国の地で、慣れ親しんだ味を食べることでほっとすることもあるだろう。2番目が「食事の時間を節約するため」で、「食費が安く済む」は3番目だった。

興味深いのは、カップ麺を持っていく人の割合は、収入よりも年齢に関係がある点だ。70年代生まれの人がカップ麺を持っていく割合は66.14%に達しているが、80年代生まれ(53.82%)、90年代生まれ(50.96%)と若くなるにつれて減少している。若い世代の方が現地の食習慣など、異なる環境になじみやすいことが理由だとみられている。また、カップルよりも子どもがいる家族の方が、カップ麺を持参する割合が高かった。

一方で、月収2万元(約30万円)以上の比較的裕福な人たちも、5000元(約7万5000円)以下の人たちも、海外旅行にカップ麺を持っていくという人は4割ほどで、大きな差はなかったという。昨年、イタリアのグッチの店の前でカップ麺を食べる中国人女性の写真が話題になったが、これがデータを表していると言えるかもしれない。(翻訳・編集/北田)