広東省東莞市の東莞理工学院都市学院に導入されている「ランニングの神器」が、話題沸騰中だ。同大学では「陽光ランニング」計画を間もなく発動する予定で、大学1・2年生は毎週少なくとも2回、1000メートルを走らなければならない。「神器」と呼ばれるこの装置は、生徒が歩いているのか走っているのかを判断し、歩いた場合はその測定が中断する。この情報が伝わると、賛成する生徒もいたが、「やってられない」と叫ぶ生徒もいた。

この「神器」は高さ約1メートル。生徒はまずカードをスキャンし、自分の学生番号を入力し、現場で顔写真を撮影し、「スタート」ボタンを押してから、ランニングを開始する。

このような2組の距離測定装置(1組10個)が、グラウンドの対角線上にそれぞれ設置される。生徒はそのうちのどちらかで登録を済ませ、対角線上の装置まで走り、もう一回学生カードをスキャンする必要がある。こうして生徒のランニングの全過程が監督される。

生徒はこの「ランニング監督の神器」をどのように見ているのだろうか?あるネットユーザーは「1000メートルは長くない。しかも週に2回ならば常識的なレベルで、いずれにしろ私たちのためだから」とコメントした。

しかし、別のネットユーザーは、毎週ダンス教室に通い疲れて食事もできないほどだと不満を漏らし「私たちの運動量はすでに多すぎるのに、さらにランニングなんて!」とコメントしている。

同大学から得た情報によると、この「神器」は10月1日からの国慶節長期連休後に正式に使用開始される。学校側は生徒がランニングにより健康を促進し、健康的な運動習慣を養うことに期待しているとした。(提供/人民網日本語版・編集/YF)