世界保健機関(WHO)が27日に発表した報告から、世界の全人口の92%は、WHO空気質ガイドラインを超過する地域に居住していることが判明した。年間600万人以上が、大気汚染によって引き起こされる疾病が原因で死に至っているとみられる。新華社が伝えた。

WHO公衆衛生・環境局のマリア・ネイラ(Maria Neira)局長は、「あらゆる国家・全人類社会が、大気汚染の影響を被っている」「これは公衆衛生分野での非常事態と言えよう」とコメントしている。

大気汚染は、都市部でとりわけ深刻な状況にある。また、農村地域においても多くの人の予想を超える勢いで悪化が進んでいる。先進国と比べ、発展途上国の大気の質はより劣悪な状態にある。

同報告は、世界3000カ所以上の地点からデータを収集し、衛星から送られるデータや地面測量データと結び付けて取りまとめられたもので、データの精度は以前よりぐんと高まっている。WHOの基準によると、空気1立方メートルあたりに含まれる微小粒子状物質(PM2.5)の年平均値が10マイクログラムを超えると、基準オーバーとなる。

ネイラ局長は、道路を走る車両数の規制、ごみ処理レベルの向上、クリーンな調理用燃料の利用促進などの措置を速やかに講じるよう、各国政府に呼びかけている。(提供/人民網日本語版・編集KM)