日本の中国残留孤児問題をテーマとする民間フォーラムが2日、東京で開催された。中国新聞網が伝えた。

参加者は中国の人々の恩を銘記し、平和を守り、戦争に反対するよう呼びかけ、当時の歴史を時の流れとともに、あるいは当事者の高齢化によって風化させてはならないとした。

元中国残留孤児やこの問題に関心を持つ民間人が多数参加した。フォーラム開始前、元中国残留孤児及びその子や孫は「中国の養父母に感謝、中国の政府と人々に感謝」と中国語で記した赤い横幕に次々と自らの思いを書き込んだ。

中国残留孤児とは、第2次大戦終結後中国に置き去りにされて中国人に大事に育てられた日本人孤児を指し、4000人以上いる。日中国交正常化後、彼らは中国の政府と人々の助けを受けて続々と日本に帰国した。

元孤児であり、当時の経験を書き留めた「この生あるは」の著者でもある中島幼八さんはフォーラムで「元孤児は最も年下でもすでに70歳を超えており、当時の歴史の記憶が日本社会に忘れられていくことが懸念される。このためこのフォーラムの発起に参加するとともに、ここで中国の養父母たちへの感謝の念を改めて表明することとした」と涙を浮かべて語った。

NPO中国帰国者・日中友好の会理事長の池田澄江さんは挨拶で「中国人養父母は当時の極度に貧しい生活の中、敵国の子である私たちを成人するまで大事に育ててくれた。もし中国人養父母がいなければ、私たちもいない。私たちは感謝の念を抱くと同時に、戦争に反対し、平和を祈念し、日中両国の世々代々の友好に希望を託すべきだ」と語った。

続いて白西紳一郎・日中協会理事長、中国帰国者二世である大久保明男教授らパネリストが、戦争によってもたらされた苦しみの経験を振り返ると同時に、日本の「加害」の面も決して見落としてはならないと呼びかけた。また、それによって歴史を直視し、平和を守り、戦争の悲劇が繰り返されないようにしなければならないとした。(提供/人民網日本語版・編集NA)