2016年10月4日、韓国・イーデイリーなどによると、韓国国内でマグニチュード(M)4.0以上の地震が発生した場合、全国民に対し地震発生から1分ほどで緊急災害メールを発信するシステムが構築される。韓国では先月12日に観測史上最大規模となるM5.8の地震が起こったが、緊急メールをめぐっては不達や配信遅延などさまざまな問題が起こっていた。

韓国国民安全処は先月の地震発生を契機に地震防災システムをゼロから見直し、4日、「地震防災総合改善対策」を整備する計画を明らかにした。対策では、メール配信遅延の問題を解消するため気象庁と安全処のシステムを連携し、来月以降は安全処ではなく気象庁がメールを発信する。またM3.0未満ではメールは発信せず、3.0〜3.5未満では全国の広域市・道の半径35キロ以内、3.5〜4.0未満では同50キロ以内の住民にメールを発信、4.0以上では全国民にメールが送られる。これまで気象庁から安全処への情報伝達や震度把握などに4〜5分かかっていた点から考えると、来月からは地震発生後1〜3分程度でメールが発信される見込みだ。

安全処はまた、年内に地震防災関連の法律・組織・予算を全面的に検討し直すという。9月12日の地震と以降の余震による負傷者は23人、被害は9368件、被害額は110億ウォン(約10億2000万円)と集計された。

報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「日本は地震が来る前にメールが届くというのに…」
「なぜメールに命を懸ける?」
「メールに気を遣ってくれるのはありがたいんだけど、まさかメールのことしか考えてないわけじゃないよね?」

「大事なのはメールじゃない」
「日本みたいに地震の10秒前に送ってくれ」
「いろいろ検討し直す前の年内に大地震が来たらどうするの?」
「どうせうそだろうな」

「まず原発から何とかして。怖くて死にそう」
「今まで数分かかっていたとか言ってるようだけど、一番最近の地震だって配信までに20分以上かかってたじゃないか」
「大きな地震ならメールが来る前に揺れで分かる」(翻訳・編集/吉金)