2016年10月5日、中国安徽省合肥市で最も大きい逍遥津公園に、サルを使った物乞いが複数現れた。視覚中国が伝えた。

サルは客の服や脚などを引っ張り、金を渡すまで放さない。客らは迷惑そうに、サルを避けていた。(翻訳・編集/柳川)