2016年10月6日、中国河南省の病院で2日に亡くなった女医が注目を集めている。

52歳の王暁陽(ワン・シアオヤン)さんは2日午前、がんのためにこの世を去った。王さんは洛陽市中心医院の内科で主任を務める医師だった。がんが見つかってからも、治療を受けながら体調が良くなれば患者を診察した。患者は自分を診てくれている医師ががんを患っているとは知らなかったという。

王さんは自分に残された日が多くないことを知ると、同僚に頼んでアイバンクに連絡した。王さんは自分の体で使えるものはすべて提供したいと望んでいたが、がんのため角膜しか提供できず、そのことを残念がっていたという。

王さんはとても熱心な医師で、周囲から慕われる存在だった。心血管疾患が増える冬には、容態が急変した患者のために、夜中に病院に向かうことが何度もあったそうだ。王さんの病院では4日に同僚らによって追悼会が行われた。

中国では、横暴な診療をする医師や看護師がいたり、逆に医師の診察に不満を抱いた患者が医療スタッフに暴行を加えたりするなど、病院と患者の間のトラブルが相次いで起きていて、社会問題にもなっている。

こうした背景もあり、中国のネットユーザーからは、「自分が道徳心のない医者に当たったからといって、医者が全員、患者から金を巻き上げようとするような悪い人だとは思わないでほしい」といったコメントが寄せられた。

このほか、「この素晴らしいお医者さんを称えよう。どうぞ安らかに」「病気の身体で患者を診察しても、患者や院長は感激してくれやしないのに。何のために…(泣)」「最後の最後まで医療に貢献したんだね」など、王さんの死を悼むコメントが多数寄せられている。(翻訳・編集/北田)