2016年10月7日、重慶晩報によると、国慶節(建国記念日)の連休中に重慶市から海外旅行に出掛ける人の目的地の人気トップ10が明らかになった。

6日に同市旅游局が発表したデータによると、国慶節期間中に国内外から同市を訪れた観光客は2531万7900人にのぼり、前年比で21.3%増加した。

同市を訪れ外国人観光客を国・地域別でみると、米国、香港、ドイツ、英国、台湾、韓国、マレーシアなどが多かった。一方、同市から海外旅行に出かける人の目的地トップ10は1位から順に、タイ、日本、韓国、香港、ベトナム、インドネシア、シンガポール、台湾、マカオ、米国だった。(翻訳・編集/北田)