国慶節(建国記念日)の7日間の連休中、中国国内のほとんどの地域で天気に恵まれ、観光日和となった。国内旅行の観光客数は延べ6億人近くに達し、100万人を超える人々が海外ツアー旅行に参加した。京華時報が伝えた。

中国国家観光局データセンターのまとめによると、国慶節期間中、中国国内の観光客数は延べ5億9300万人に達し、昨年同期比12.8%増、累計観光収入は4822億元(1元は約15.3円)で、同14.4%増となっている。また鉄道部門の統計によると、国慶節休暇前後の10日間で中国国内の鉄道路線の輸送旅客数は延べ1億800万人で同9.3%増となり、これまでの国慶節休暇の記録を塗り替えた。

中国国家観光局の関係者によると、各国の中国人観光客へのビザ緩和政策がさらに進み、海外旅行のための出国環境が目に見えて最適化されているという。「全国観光ツアーサービス管理システム」によると、10月1日から7日までに出国した観光客数はツアー旅行だけで約139万9000人となっており、一日あたりの平均出国観光客数は20万人で、同11.9%増となっている。

国慶節休暇期間中の海外旅行先として多かったのは韓国、日本、ロシア、タイ、台湾、オーストラリア、ベトナム、マレーシア、フランス、シンガポールなどとなっている。なかでもロシアは昨年同期比103.1%増という驚異的な伸びを見せた。このほかにも、ビザ免除が適用されるモロッコ、トンガ、チュニジアなどのマイナーな目的地にも多くの中国人観光客が押し寄せ、いずれも同400%増の伸びを見せた。海外旅行の目的地選択においてますます多元化が進んでいる。(提供/人民網日本語版・編集TG)