楊莉さんは南京文華国際旅行有限会社のガイドだ。先月22日、彼女はタイ・プーケットのツアーガイドの仕事を終わらせ、南京へと引き返した。翌23日早朝、彼女は同業者が微信(WeChat)のモーメンツ上に投稿する緊急救助要請を偶然見つけた。南京日報が伝えた。

中国四川省からプーケットへ来ていた中年女性が、観光中に脊柱を損傷する大けがを負い、折れた骨が神経を圧迫し、手術のため女性と同じ希少なRhマイナスの血液型を探していた。そしてすぐに手術しないと、歩けなくなってしまう可能性もあるという内容だった。

楊さんは「私も偶然RhマイナスのAB型だったため、気づいたら考えるより先に投稿されていた番号へ電話をかけていた」と話す。事態は一刻を争ったため、献血を決めると、23日の夜には、南京禄口国際空港からプーケットへ向かい、翌日午前3時に到着、同日の午後には450ミリリットルの血液の献血を無事終えた。

楊さんによると「手術では1200ミリリットルの血液が必要で、私を含む3人の中国人が献血を申し出た。そのうち一人は河北省唐山市出身の人で、私と同様、深センからプーケットへ駆けつけていた」という。みんなの協力のおかげで、この四川の女性観光客は手術に必要な血液を集めることができ、9月28日には無事手術を終えることができたという。

このことが報道されると、社会的にも注目を集めた。南京市観光委員会の責任者からは「南京市で最も美しいツアーガイド」の名誉ある賞状を手渡されたという。また、この他にもこの記事を見た市民たちが、彼女に滋養をつけるようにと、牛乳や卵を届けてきたほか、名前も知らない人からも栄養価の高い高級食材である燕の巣が贈られてきたこともあったという。

タイの観光・スポーツ省のゴープガーン大臣は5日、楊莉さんに会うため、贈り物を手にわざわざ宿泊先のホテルを訪れ、彼女の見返りを求めない献身的な精神を称え、感謝の意を述べた。

楊さんは「今回の経験から、温かい心を持つ人が大勢いることを知り、深く感動している。私たち一人一人が温かい心を差し出すことで、世の中はさらに美しくなっていくでしょう」と語った。(提供/人民網日本語版・編集TK)