2016年10月10日、中国紙・環球時報によると、韓国・仁川沖の黄海上で7日、違法操業の取り締まり中だった韓国海洋警察の高速ボートが中国漁船の体当たりを受け沈没した問題で、韓国メディアは、こうした中国漁船に対する武器使用を強化すべきとの主張を展開している。

韓国・聯合ニュースによると、韓国の仁川海洋警備安全署は9日、仁川市甕津郡の小青島付近の海域で7日に中国漁船が韓国海洋警察の高速ボートに体当たりし沈没させた後、中国海域に逃走したと発表した。高速ボートの警衛1人が沈没直前に海に飛び込んだが、他の高速ボートに救助され人命被害はなかった。韓国外交部東北アジア局の審議官は同日、在韓中国大使館の総領事を呼び、遺憾と抗議の意を伝えるとともに、再発防止に向けた中国側の積極的な努力を求めた。

韓国各メディアの論調は、中国漁船非難で一色だ。韓国紙・国民日報は社説で「韓国海洋警察による中国漁船の取り締まりは『戦場』同様だ。これは韓国海洋警察の公権力に対するじゅうりんであり、中国漁船に対する武器使用を強化すべきだ」と主張。中央日報も「中国漁船に慈悲は無用だ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)