2016年10月10日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は記者会見で、韓国海洋警備安全署の高速ボートが違法操業中だった中国漁船の体当たりを受けて沈没した問題について、「韓国側に冷静な対応を望む」と述べた。国際在線が伝えた。

韓国・仁川沖の黄海上で7日、違法操業の取り締まり中だった韓国海洋警察の高速ボートが中国漁船の体当たりを受け沈没。中国漁船は現場から逃走した。韓国政府は9日、在韓中国大使館の総領事を呼び、強く抗議した。

耿報道官は、この問題について「われわれは関連報道に注意を払い、現地の大使館を通じて状況を把握しており、関係当局に事実確認を行っている段階だ」とした上で、韓国側に対し「両国関係と地域の安定の大局から出発し、この問題に冷静かつ理性的に対応するよう望む」と述べた。(翻訳・編集/柳川)