2016年10月10日、韓国・東亜日報などによると、韓国政府が3年前に初めて発射した宇宙観測衛星が、少なくとも6カ月の間カメラ部品の寿命が切れて任務を遂行できず、ほぼ地球の周りを飛ぶだけの状態であったことが判明した。

韓国国会・未来創造科学放送通信委員会所属の金在庚(キム・ジェギョン)議員は10日、韓国天文研究院による資料を分析した結果、13年11月に打ち上げられた科学技術衛星3号の赤外線宇宙観測カメラが昨年5〜10月に作動していなかったことが分かったと明らかにした。任務期間の最後の半年であったこの間、本来の任務であった宇宙観測や銀河の高温ガス分布研究などは不可能な状態で、付随的に地球観測業務のみを行っていたという。

これについて、管轄する未来創造科学部(未来部)が事実を把握しながら放置していたとの指摘も上がっている。衛星を管理する天文研究院の資料には「昨年の研究目標であった宇宙観測が検出器冷却器の寿命完了により遂行できなかった」と明記されていたが、未来部の資料は「老朽化した状態」とのみ言及していた。また、未来部は冷却器の寿命切れのため昨年5月から宇宙観測ができていなかったことは事実としながらも、本来の研究目的のための観測はそれ以前に済んでおり、衛星の目標は達成したと釈明した。

報道を受け、韓国のネットユーザーから批判のコメントが相次いでいる。

「国に金がないわけじゃない。泥棒と詐欺師があまりにも多過ぎる」
「もう驚きもしない」
「うそにごまかし、もううんざり」
「この国に真実というものがあるのだろうか」

「だまして隠して偽って…これが政府機関のやる仕事なのか?」
「北朝鮮よりひどい。これほどの後進国はないね」
「現政権がきちんとやれることは、儀式と違法行為だけ」
「韓国人は賢いし手先も器用だが、大きな問題は詐欺に頭を使ってしまうこと」

「韓国の技術力なんてそんなもの。詐欺師しかいないよ」
「スマホも衛星も、寿命は2年か」
「これがまさに創造経済」
「この国に腐っていない所はないのか?」(翻訳・編集/吉金)