世界肥満連合(World Obesity Federation、WOF)が公表した調査報告によると、将来的に中国人の肥満人口がさらに増加する傾向にあり、2025年までに5〜17歳の世代の過体重者の人口が世界首位となる見込みだ。参考消息網が伝えた。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが伝えたこの研究結果によると、現状がこのまま続いた場合、2025年までに中国本土の過体重の青少年と児童の人口は4850万人に達するとみられ、その数はスペインの総人口を超えることとなる。

一方で、インドの過体重の青少年と児童の人口は1730万人、米国は1670万人となる見通しだ。

また同研究報告では、2025年になると、中国では150万人の青少年や児童に耐糖能異常の問題が見られるようになり、460万人が脂肪肝になると予想されている。その他にも、高血圧や糖尿病といった肥満による疾患が増えるとみられている。

WOFは2025年までに、全世界の学齢児童世代の過体重者人口が2億6800万人に上り、2013年の2億2300万人を上回るだろうとしている。(提供/人民網日本語版・編集/TK)