今年、日本の科学者が再びノーベル賞を受賞した。これで、日本は1949年以降、ノーベル賞受賞者25人を生み出し、今世紀に入ってからは毎年平均1人のペースで受賞していることになる。メディアは科学研究への投資やイノベーション型思考の育成、学術界の自由な雰囲気などさまざまな観点から中国と日本の違いを分析している。本記事では、日本の科学者の英語力とそれを育成する日本の外国語教育の観点から、中国と日本の違いを分析してみる。(文:中国学術英語教学研究会会長・蔡基剛。文匯報掲載)

■日本:「学ぶ英語」から「使う英語」へ

日本の大学の外国語教学は、これまでずっと学術英語の能力向上に力を入れてきた。ノーベル賞受賞者を最も多く輩出してきた東京大学や京都大学を例にすると、英語はわずか7〜8単位で、主に学術英語の読み書きや陳述などを学ぶ。学年が上がると、医学や地球科学、数理科学、化学などの分野の英語を学び、主に専門的な文献や定期刊行物を読んだり、論文を書いたりする訓練を受ける。

日本政府が2001年に「50年間でノーベル賞受賞者30人」という目標を掲げたのに呼応して、日本の英語教育改革も進んでおり、文部科学省は02年「『英語が使える日本人』の育成のための戦略構想」を発表。大学生に対し、学ぶ英語から使う英語への切り替えを促している。そして、学術やテクノロジーの分野の英語が、以前にも増して大学で教える英語の主な内容となった。例えば、私立の早稲田大学は1年生と2年生向けに、「学術英語講座」や「学術英語交流」、「学術英語読解」などの授業を開設しているほか、2学期にわたるテクノロジーに関する英語の作文講座を開設している。さらに、「技術陳述」という授業もあり、学生の科学研究における発見や成果を口頭で陳述する能力の向上に取り組んでいる。この他にも、パワーポイント作成スキルや質疑応答、会議の司会、ディベートといったスキルも学ぶことができる。

■中国:大学の英語は「人文教育の一部」

一方、中国の大学は英語の単位は平均12単位と多いものの、そのカリキュラム内容は大学英語4級試験に役立つ一般的な英語のほかは、英国や米国の文学、詩歌、概況、中国文化といった英語の知識に限られる。中国と日本の大学の英語教育にこれほどの差がある主な理由はコンセプトの違いだ。

日本の大学は、英語を主に専門的な情報を取り入れたり、科学研究の成果の分野における交流を行ったりするためのツールの1つと見なしている。一方、中国の大学は、英語を「人文教育の一部」と見なし、学生の英語のレベル向上のほか、人文の素質向上を目指している。この違いが教育の方向性にも影響を与えている。

日本では学生が英語を使って専門的な学習や研究を行えるようにするのに対し、中国では学生が英語の4級や6級の試験に合格したり、外国の文化を理解したりできるようにする。そして日本では、政府の外国語戦略や専門学科発展のニーズに基づき、大学生が専門的な学習や研究を行うために必要な英単語1万3000語をマスターしなければならないが、中国では「学生の個性に基づく成長のニーズ」を満たすため、大学生に求められる単語数は4級試験合格に必要な4500語だけとなっている。中国の大学の英語教材は全国統一となっており、内容はその「おもしろさ」に重点をおき、長年使うことができ、何度読んでも飽きないような著名作家の作品が選ばれている。一方、日本の大学の英語教材は、各専攻学科によって異なり、学術性や情報性に重点をおいている。そのほとんどが学術専門書や定期刊行物の論文が採用されている。日本の大学生は、中国の大学生ほど英語を流暢に話すことはできないかもしれないが、その専門分野における読み書きの能力は中国の学生を大きく上回っている。10年にノーベル化学賞を受賞した日本人2人のうちの一人である北海道大学の鈴木章氏は、まさに日本が育てた科学者で、英語を流暢に話すことはできないものの、テクノロジーの分野の英語の読み書きとなると、非常に高い能力を誇る。

筆者は、研究の関係で、何度も日本に行って外国語教育のセミナーに参加しているが、非常に印象深く感じた点が2つある。その一つは、日本の大学の専攻学科の教師、例えば物理や生物などの科学者の事務室の本棚には、基本的に英語の著作や英語の定期刊行物しか並んでおらず、日本語の書籍はほとんどない点だ。2つ目は、そのような教師は外国語を教えているわけではないにもかかわらず、外国語教育に関するセミナーに積極的に参加したり、なかにはグループディスカッションの司会をして、英語教育の質をいかに向上させるかについて話し合ったりすることさえある点だ。

■一流の大学・学科作りには大学の外国語教育の見直しが必要

中国国務院は15年、「世界一流の大学と一流の学科作り推進のためのプラン」を発表した。15年は、中国の外国語教育専門家・許国璋氏の生誕100周年の年でもあり、教育部(省)大学外国語教育指導委員会は「大学英語教学指南」を発表した。この三者の関わりを分析するならば、「世界一流の大学」と「一流の学科」作りの根本となるのは一流の大学生であり、一流の大学生を育てなければ、一流の科学者やノーベル賞受賞者は生まれない。しかし、学生が英語で専門的な情報を取り入れることのできる読解力や科学研究の成果を交換し合えるような文章力を培えるようにしなければ、一流の大学生は育てられないということになるだろう。許氏は、日本が終始一貫して外国語を現代科学文化の知識を取り入れるためのツールとしてきた点や、テクノロジー経済の発展において世界が注目する成果を収めてきたことを称賛する一方、中国の大学の外国語教育の效果は理想からかけ離れており、外国語を現代科学文化の知識を取り入れるためのツールとしていないと指摘してきた。そして、「外国語教育の方針は、国家や民族の利益に関わる重大な事」とし、1978年には、「今後5年以内に、専門的な外国語の書籍を読んで理解したり、外国語を研究や国際交流のツールにすることができる大学生を育成しなければならない」とした。今こそ「大学英語教育の指南」を見直すべき時ではないだろうか? (提供/人民網日本語版・編集/KN)