スウェーデン・アカデミーは現地時間13日、ストックホルムで2016年のノーベル文学賞を米シンガーソングライターのボブ・ディラン(75)に授与すると発表した。受賞理由は「大いなるアメリカの歌の伝統の中で、新たな詩的表現を生み出してきたこと」だった。京華時報が報じた。

▼予想外の受賞「新たな詩的表現を生み出してきた」
誰も予想していなかった結果であったことに加えて、ボブ・ディランには、広く知られる文学作品がないため、受賞には多くのネットユーザーが驚きを隠せない様子だ。さらに、毎年のように「受賞候補」とされながらも一度も受賞していない日本の作家・村上春樹に対して、ランニング好きであることから冗談を込めて、「ランニングではだめ。歌を歌わないと!」との声まで上がっている。

ボブ・ディランの受賞理由について、スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス常任秘書は、ボブ・ディランは「偉大な詩人、偉大な作曲家」であることを指摘し、「大いなるアメリカの歌の伝統の中で、新たな詩的表現を生み出してきた」と説明した。

▼ノーベル賞との縁は20年前から
村上春樹やシリアの詩人・アドニスなど注目度の高い受賞候補者と比べれば、ボブ・ディランが受賞したことに、文学界は衝撃を覚えている。しかし、ボブ・ディランとノーベル賞の「縁」はこれが初めてではない。

1996年、ゴードン・ボール氏が選考委員会に、ノーベル文学賞受賞者としてボブ・ディランを推薦した。さらに、その10年後の06年、「ライク・ア・ローリング・ストーン」が評価され、再びノーベル文学賞候補となった。ボブ・ディランはこれまでに、グラミー賞やゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞など、数々の賞を受賞してきた。08年に、ピューリッツァー賞を受賞した際、審査委員は、「卓越した詩の力による作詞がポピュラー・ミュージックと米国文化に大きな影響与えた」と、受賞理由を説明した。

▼中国文学評論界の声 「想像はるかに超えた結果」
中国の文学評論家は、ボブ・ディランの受賞をどのように見ているのだろう?北京大学の張頤武・教授は、「『中国ロック界の父』とも呼ばれる崔健がノーベル文学賞を受賞したような感じ。今年のノーベル文学賞は、あまりに意外で、想像をはるかに超えている。長年、純文学の分野で安定した存在だった賞だったが、今回はその領域を超えた、あまりに大胆な決定だ。村上春樹が受賞していれば、『ベストセラー文学』に『降格』していたが、ボブ・ディランの受賞は『別格』。驚きの中で、多くの人が新鮮な気持ちになっており、期待を上回ったなら、それを成功と言えよう」と評価している。

▼ボブ・ディランの曲の翻訳家 「受賞が遅いぐらい」
ボブ・ディランの受賞について、陝西省の若手詩人・作家の周公度は、「全く意外でない」とし、「自分の予想よりおそく、彼は数年前に受賞してもおかしくなかった」との見方を示す。周公度は、中国国内でボブ・ディランの歌詞を最も多く翻訳している翻訳家でもあり、これまでに60〜70曲翻訳してきた。

周公度は、「ボブ・ディランの受賞は、ノーベル賞の審査基準にとっては一種の『回帰』。80年代から、ノーベル賞の審査員は保守的になっていた。しかし、それ以前の受賞者を見ると、世界に新たな価値観を提供してきたことが見てとれる。アルベール・カミュとジャン=ポール・サルトルなどがそのいい例で、彼らは人間の精神について説いた哲学者であって、保守主義ではない。ここ数年、ノーベル賞の基準にも変化がある。例えば、昨年は、ジャーナリストが受賞した」との見方を示す。また、「ボブ・ディランの受賞はあまりに意外で、彼のことを知らない」という人が多いことについて、「これはあまりに失礼。読書習慣の問題で、視野が狭すぎるだけだ」と一蹴している。(提供/人民網日本語版・編集KN)