2016年10月14日、新華社によると、韓国法務部は、国慶節期間中に済州空港で入国拒否され、“監禁”状態にあった中国人全員が帰国したと明かした。

中国メディアは先日、「国慶節の連休に旅行で済州島を訪れた中国人観光客が、さまざまな理由で入国を拒否され、100人近くが狭い部屋に押し込まれている」などと報じていた。

入国を拒否された中国人の待遇について韓国法務部は、「空港内の待合室で帰国便を待っていた。待合室は男女で分かれており、全員に布団を提供していた。食品は基本的に自己負担だが、お金を持っていない場合は航空会社が負担した」と説明し、現在は全員が帰国したとしている。また、入国を拒否するケースとして、旅行者自身が旅行の日程を把握していなかったり、宿泊場所が決まっていなかったり、帰国便の航空券を携帯していなかったりする場合を挙げた。

近年、ビザ免除の済州島経由で韓国に入国した後に失踪する旅行者が増加していることから、対策を強化しているとみられる。同部によると、今年1月1日から9月30日までに済州空港で入国を拒否した外国人の数は9785人にのぼるという。平均すると1日およそ35人だ。

済州島にある中国総領事館は、入国の可否の判断は韓国の内政であるとし、仮に不当な待遇を受けた場合はその証明を保存しておくよう旅行者に呼びかけている。(翻訳・編集/北田)