2016年10月11日、韓国・news1によると、飲食店やキャンプでよく使用されている炭(成形木炭)に、人体に有害な「硝酸バリウム」が含まれていることが分かった。

11日、国会の農林畜産食品海洋水産委員長で、共に民主党のキム・ヨンチュン議員は、「炭粉の成形木炭の質量の約30%が、韓国環境部や欧米の環境・保健機関などで毒性があると判断されている『硝酸バリウム』からなっているが、これまで山林庁(=農林水産食品部傘下の国家行政機関)において何の規制も行っていない」と指摘した。

さらに、「韓国食品医薬品安全評価院の毒性情報システムによると、硝酸バリウムはそれ自体も有毒物質であり、燃焼すると有毒ガスを放つため、『腎臓や肺疾患がある人は吸わないように注意すべき』と公示されている」とした。硝酸バリウムについては、米環境保護庁が「呼吸困難や発作、徐脈性不整脈を引き起こす可能性が高く、特に乳幼児や子どもに深刻な副作用を及ぼしかねない」と警告したことがある。

これに対し山林庁は、「硝酸バリウムは有毒物に該当しないため、使用に関して直接的な制限をかけることができない。また、硝酸バリウムが含まれる成形木炭の使用が人体に及ぼす影響についても、正確に明らかになったことがない」と回答。さらに、「成形木炭を作る零細企業が、短い期間内で硝酸バリウムに代わる代替材料を開発できない状況にあることを勘案して、硝酸バリウムの使用を許可した」と説明している。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「企業の保護が優先?国民は病気にかかっても死んでも関係ないってこと?つまり『命より金』ってことか」
「『対策を立てて国民の健康を守る』が先じゃないのか?」
「最近の政府機関はみんな国民をばかにしている」

「電気が一番マシってこと?焼くのは何でも疑ってかからないと…」
「もう何が信じられるのか分からない」
「炭焼きカルビや串焼きのお店はおしまいだね」
「近所に炭焼き肉のお店ができるみたいだけど、開店休業になりそう」

「普通の木炭も肉の脂と出会ったら発ガン物質を生成する。成形木炭はそれ自体が有毒物質。特に換気の悪い室内で使用したら毒ガスだ」
「これが韓国のがん誘発率1位の理由。炭火焼きのサムギョプサルに焼酎文化。焼酎を飲みながら食べるから、感覚が鈍くなって肉も食べすぎる」
「具体的に会社名を挙げて営業停止にすべき。成形木炭企業はいくつもあると思うけど、全て該当するなら流通も禁止すべき」(翻訳・編集/松村)