2016年度日本大学生代表団第4弾の歓迎会が14日に北京で行われた。中国日本友好協会の袁敏道事務局長、日中友好協会の理事を務める日本大学生代表団の大藪二朗団長、在中国日本国大使館の川上文博公使などが出席し、あいさつを述べた。人民網が伝えた。

袁事務局長はあいさつの中で、「中日国交正常化以来、中日間の友好協力関係は飛躍的な発展を遂げ、両国国民に実際的な意義をもたらし、アジアの、ひいては世界の平和と発展に重要な貢献を行ってきた。歴史が証明するように、中日両国は友好、平和、協力、ウィンウィンの道を歩まなければならない。青少年は国の未来であり、希望であり、両国国民の後の世代までの友好を実現するという重大な任務をその肩に担っている。両国間の青少年の交流活動を展開することを通じて、双方は相互理解を増進し、深く厚い友情を結び、中日の友好関係の長期的な発展のために希望の種を撒いた」と述べた。

日本学生代表団の大藪二朗団長は袁事務局長のあいさつに賛同の意を示すとともに、「代表団の各メンバーがこのたびの訪問で自ら中国を理解し、中国を感じ、帰国後は中国での見聞を家族や友人に伝えることを願う」と述べた。

当日は中国国際関係学院の中国人学生も歓迎会に出席し、日本人学生と近い距離で交流した。歓迎会では、中日双方の大学生が歌や踊り、日本の着物(浴衣、甚平)の紹介などさまざまなプログラムを披露した。

今回の代表団には日本人大学生約100人が参加。北京での日程終了後は、西安、上海などを訪れ、歴史的・文化的遺跡の見学や現地の学生との友好交流を行う予定だ。(提供/人民網日本語版・編集KS)