2016年10月14日、参考消息網によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、北朝鮮の圧政から逃れようとする人々を歓迎する意向を示した。

朴大統領は直属の諮問機関、民主平和統一諮問会議の委員との「統一対話」で、北朝鮮の現政権下で国民が苦しんでいる状況を指摘。「北朝鮮の人々が韓国に来て夢を実現、幸福を追求できるよう、韓国はすべての道を開く」と述べた。また、「飢餓や圧政による脱北者は激増しており、体制を支えるエリートや軍人も例外ではない」と説明、「脱北者3万人時代に際し、韓国政府は脱北者が韓国で平穏に暮らせるよう支援策を強化する。自由と人権を享受する権利があることを北の人々に知ってもらえるよう、世界の正しい情報を常に発信していく」と発言した。(翻訳・編集/野谷)