2016年10月17日、国際在線は、「北朝鮮が2017年末までに2度の核実験を計画」と報じた。

韓国・東亜日報によると、赴任先の英国から先ごろ韓国に亡命した北朝鮮公使が韓国情報当局にこの計画を伝えた。北の外交当局は「韓国大統領選の前に6回目、7回目の核実験を実施する」との通知を出しているという。北朝鮮はこれまで核兵器を保有する理由として米国の敵対政策を挙げていたが、今回は韓国大統領選に言及。核実験で韓国の政治に影響を与えたいとの狙いがあるとみられている。(翻訳・編集/野谷)