2016年10月18日、2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー競技について、国際オリンピック委員会(IOC)が韓国での開催を検討していると日本メディアが報じた。この情報は追って韓国でも報じられ、波紋を呼んでいる。

ボート・カヌーの競技会場については、費用の問題などにより当初計画の海の森水上競技場(東京湾)から長沼ボート場(宮城県登米市)へ移転する計画が小池百合子東京都知事を中心に検討されている。IOCや国際競技団体は当初案での開催を最善と評価しており、IOCのトーマス・バッハ会長と小池都知事が18日に会談し計画について意見交換する予定だ。今後の調整状況によっては、IOCが韓国開催案を持ち出す可能性があるという。

IOCが検討しているのは韓国中部、忠州市のボート場。交通アクセスの面で問題があるもののすでに国際大会に使用された実績があり、競技関係者は「数カ月あれば五輪を開催できる能力を持ったコース」と評価している。

なおIOCは14年に採決した「五輪アジェンダ2020」で、一部競技を開催都市および開催国以外で行うことを認めている。

この情報は韓国の報道やネット掲示板などを通じて広まり、ネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「あり得ない。日本の人たちが泡を噴いて怒り狂うよ」
「この案が通るかどうかに関係なく、日本の立場ではプライドがズタズタだろうな。どうせやるならもう何種目か追加でやろうよ」
「日本はどうしたって長い川が少ないからなあ」

「IOCは正気か?韓国は日本の属国じゃないぞ」
「忠州の交通の便が良くなるかな?だとしたら思いがけなく得するね」
「これは僕らにとっていいことだと思う。選手村も韓国に造ることになるから、五輪の前に国際大会もできるしね。宣伝効果や経済的利益は相当なものになるよ」

「開催費用を出してくれるなら」
「東京からいくら近いにしても、開会式に出た後、選手はいつ韓国に来るの?」
「韓国にそんな金はない。IOCが日本に『早く競技場を造れ』と圧力を掛けてるだけだろう」
「平昌五輪の一部競技を日本でやるために試してるんだよ」(翻訳・編集/吉金)