2016年10月17日、乗客による数々のマナー違反が指摘されてきた中国の地下鉄だが、またしても周囲が仰天するような騒動が立て続けに報じられた。

南方網によると、遼寧省瀋陽市の地下鉄車内では女性が幼い男の子を抱きかかえておしっこをさせる姿が目撃された。場所は車両の連結部分。近くにいた男性は「女性は60歳くらい、男の子は3歳くらいだった。男の子が何か訴えている様子はなかったから、トイレが我慢できなかったというわけではないと思う」と振り返り、「他の乗客は顔をそむけたり、小声で『駅にトイレがあるのに』と話していた」と説明。「閉鎖された公共のスペースで物を食べたり、おしっこをすることは許されるべきではない」とコメントした。

さらに、斉魯網は「地下鉄の駅で別れ話をしていた若い男女のすごい動画がネットに投稿された」と報道。記事によると、別れを要求していたのは女性の方で、女性は激しい口論の末、下着を脱いでそれを力強く男性の頭に。記事は「あまりにも周囲への配慮に欠けた行為」と指摘している。(翻訳・編集/野谷)