「シェア冷蔵庫」――昨年、スペインの小さな町から人気に火がついたこの方法が、上海にもひっそりと上陸した。住民が、食べ残して捨てようとした食べ物を、団地内の冷蔵庫に保存しておき、食べ物を買うお金に困窮している人々が無料で食べることができるというシステムだ。中央テレビ網が伝えた。

上海初の「シェア冷蔵庫」がお目見えしたのは、上海市普陀区普雄路28号のコミュニティーセンター。冷蔵庫にはミルク、ヨーグルト、お菓子、缶詰など、1日30品以上の食品が提供され、団地の住民を含む上海の市民は無料でその食品を受け取ることができる。これらの食品は全て近隣のスーパーやホテルが提供したもので、品質保証期間が近づいてきて、遠からず捨てられる運命にある食品だ。

だが、中国の「シェア冷蔵庫」は試行段階に入ったばかりで、解決すべき問題もたくさん残されている。例えば、「食品の安全は誰が責任を負うのか」「食品を安定的に冷蔵庫に供給するための供給源をいかに確保するか」「どうしたら本当に必要とする人々のもとに食品を届けることができるか」「このような公益式運営を、どうしたら一時的なものとして終わらせず、持続的に運営することができるか」といった問題だ。これらの問題をクリアすれば、「シェア冷蔵庫」は本当にその力を発揮することができるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KM)