米国地質調査所(USGS)によると、日本時間3月6日07:47頃、パプアニューギニア付近を震源とするM6.5の地震が発生しました。太平洋津波警報センター(PTWC)は、津波に関する情報を発表しましたが、津波による大きな被害のおそれはありません。【3月6日08:20現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:パプアニューギニア付近(南緯6.0度 東経149.3度)
近隣都市からの方角・距離:
パプアニューギニア・カンドリアンの北西 30.3km
パプアニューギニア・キンベの西南西 101.4km
パプアニューギニア・ラエの東北東 272.7km
パプアニューギニア・ワウの東北東 325.6km
パプアニューギニア・ブロロの東北東 326.2km

発生日時(日本時間):3月6日07:47頃
震源の深さ:29km
地震の規模:M6.5
津波   :太平洋津波警報センター(PTWC)は、津波に関する情報を発表したが、津波による大きな被害のおそれはない。

■基礎データ
パプアニューギニア独立国
人口:7619321人
首都:ポートモレスビー
在留邦人数:170名(外務省発表)