[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会のメンバーであるクノット・オランダ中銀総裁は、金融政策が確実に金融安定と整合的であるよう、インフレ目標の達成期間について柔軟な姿勢で臨む必要があるとの認識を示した。

ECBは、インフレ押し上げに向けて実施している大量の国債買い入れが資産価格をつり上げ、市場に歪みを生じさせることで金融不安定を招いているとの批判を受けている。

クノット総裁は会見で「現在の状況でまずやるべきことは、金融政策において中期的との概念を十分に柔軟性あるやり方で使うことだ」と指摘。

「中期的の時間軸を十分に長い期間と解釈すれば、金融安定と物価安定に矛盾は生まれず、一致する」とした。

現在の金融政策については、ユーロ圏の経済危機以降のデフレリスクを踏まえると必要との考えを示した。