[ロンドン 22日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のフォーブス金融政策委員は22日、直近の経済指標は、英経済が中銀の予測よりも速いペースで拡大し、その勢いが2017年も続く可能性があることを示唆しているとの見解を示した。

英中銀は前週、欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票以降、経済成長は予想より小幅な鈍化にとどまった公算が大きいとし、フォーブス委員もこの日、英中銀が11月に長期見通しを上方修正する必要があるかもしれないと語った。

委員は講演後の質疑応答で「英経済が下半期に勢いを増しており、2017年も好調なスタートを切る可能性がある」とした。

同時に、最近の好調な経済指標の判断には慎重になるよう促し、EU離脱交渉をめぐる不透明性への反応などが、今後の動向を左右することになるとの考えを示した。

また、英景気下支えに向けた追加利下げの根拠は見受けられないと言明した。