[3日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は3日、連邦準備理事会(FRB)は利上げを遅らせるべきではないと発言し、11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げを支持する可能性を示唆した。

メスター総裁はブルームバーグ・ラジオに対し、「経済の拡大を持続させるために、利上げを確実に実施し幾分先手を取る必要がある」と語った。

さらに、今後入手される経済指標が自身の見通しに沿う内容となれば、次回11月1─2日のFOMCでは引き続き利上げを支持する論拠が十分にあると語った。