[フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は5日、銀行融資の担保として無担保銀行債(UBB)を引き続き受け入れるものの、受け入れの上限は引き下げる考えを示した。

銀行の無担保シニア債は、破綻により「法的劣後」が適用される場合、「ベイルイン」(損失の強制負担)が実施される他のシニア債より先に償却することが法令で定められている。今回の決定により、この無担保シニア債を銀行や投資会社が担保として差し入れ、ECBの融資を受けられることが保証された。

欧州連合(EU)は昨今の金融危機後に、公的支援による銀行救済を行なう前に、民間投資家にも損失負担を義務付けるベイルイン規定を導入している。

ECBはさらに、2017年1月1日付で、UBBの受け入れ上限を現在の5%から2.5%へ引き下げることも明らかにした。UBBはこの日付けで担保から除外するという。

この上限は、5000万ユーロ(5610万ドル、元本減免後)以下の資産や、課税が可能な公的機関による保証付き資産には適用されない。

*内容を追加しました。