[ニューヨーク 6日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇。対円では104円台まで買われて1カ月ぶりの高値を付けた。米雇用関連指標が堅調な内容だったことを受け、連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測が高まった。

英国が欧州連合(EU)離脱で単一市場へのアクセスを失う「ハードブレグジット」への懸念がくすぶっているため、ポンドはドルに対して31年ぶりの安値を更新した。

10月1日までの週の新規失業保険申請件数は予想外の減少となり、4週移動平均はほぼ43年ぶりの低水準となった。

5日に発表された米供給管理協会(ISM)の9月非製造業総合指数は11カ月ぶりの高水準だった。

デイリーFXの通貨アナリスト、クリストファー・ベッキオ氏は「第3・四半期末になって米経済は巡航速度に復帰したように見える」と指摘した。

終盤のドル/円<JPY=>は0.5%高の104.04円、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.55%高の96.658で7月終盤以来の高値を付けた。

6日は米独の2年国債利回りスプレッドが10年ぶりの大きさとなったことも、ドルを押し上げた。

ユーロ/ドル<EUR=>は直近が0.4%安の1.1153ドル。欧州中央銀行(ECB)が9月7─8日の理事会の議事要旨を公表すると、資産買い入れ縮小観測が後退した。議事要旨では、政策当局者らがユーロ圏経済を支えるために現行の緩和政策を続ける意向であることが分かった。

ポンド/ドル<GBP=D4>は一時1.2622ドルまで売られ、31年ぶりの安値を更新した。

投資家の間では、ハードブレグジットが英国経済に打撃を与えることへの懸念が広がっている。インドスエズ・ウエルス・マネジメントのFX貴金属責任者デービス・ホール氏は「私が想定する基本シナリオでは、英国が景気後退を回避するのは極めて難しいだろう。来年前半はかなりのマイナス成長になる」と述べた。