[6日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>の中核事業を48億ドルで買収することで合意している米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>が、買収額の10億ドル引き下げを要求しているもようだ。NYポスト紙が複数の関係筋の話として伝えた。

NYポストは、ヤフーは値引き交渉に抵抗していると報じている。

ロイターの取材に対してベライゾンとヤフーはコメントを控えた。

ヤフーは2週間前、2014年にサイバー攻撃を受け、5億人分のユーザー情報が流出したと明らかにしている。

ベライゾンは7月、ヤフーのニュースや検索など中核インターネット事業を48億3000万ドルの現金で買収することに合意している。