[ワシントン 7日 ロイター] - ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は7日、ロイターの取材に対し、この日のポンド急落は、英国が欧州連合(EU)離脱に伴い欧州単一市場へのアクセスを失う「ハードブレグジット」に関する英政府の政策姿勢に、市場関係者が失望したことを反映していると指摘した。

議長は「保守党議員の主張は、英国の将来見通しに失望感を与えている」と発言。

保守党議員は国際貿易や外国人労働者に反対し、人・物・資本・サービスの異動の自由を尊重する「四つの自由」を支持していないと指摘し、「ロンドン金融街シティーの反応は否定的で、その全てが通貨に影響している」と分析した。

*写真を追加しました。