[北京 10日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)は10日、企業の債務水準引き下げに関する指針を発表した。政府のウェブサイトに掲載された声明は、企業のM&A(合併・買収)を推し進め、金融面の支援を強化するとしている。

国家発展改革委員会(NDRC)も10日の会見中に発表した文書で、企業の債務削減に向けた行動をとる必要があると指摘した。

NDRCは、高水準の債務は一部企業の事業運営を困難にする要因となり、債務リスクや財務リスクを高めると指摘。

企業が秩序立った方法で市場志向の債務の株式転換を進めたりエクイティファイナンスをすることを容認するとしたほか、国有企業の債務削減に向けた監視を強化する方針を示した。