[東京 11日 ロイター] - 石原伸晃経済再生相は11日の閣議後会見で、円安・株高の背景として、ロシアが原油生産調整に応じるとの観測があると指摘したうえで、市場が「どのように日本経済に影響するか注視する」「一喜一憂せず注視する姿勢は変わらない」と述べた。

環太平洋連携協定(TPP)の承認法案をめぐり、問題視されている海外の安いコメが国内価格に波及しないように国が管理して輸入する「SBS(売買同時)入札制度」の不透明な取引について、「国産米の価格設定に影響がなかった調査結果が示されている」と指摘。TPP承認法案の早期審議入りに期待を示した。

*内容を追加します。

(竹本能文)