[北京 11日 ロイター] - 中国の李克強首相は11日、第3・四半期の国内経済に前向きな変化がみられると発言、国内の債務リスクは管理されているとの認識を示した。

マカオでの演説が国営テレビで中継された。

不動産市場の安定した健全な発展を実現するため、効果的な対策を導入するとも発言。都市ごとに異なる不動産政策を強化する方針を示した。

中・高速の経済成長を維持することは完全に可能だとの認識も示した。