[香港 12日 ロイター] - 米アップルは12日、中国の深セン市に研究開発部門を開設する計画を明らかにした。

深センエコノミック・デーリーが伝えたところによると、同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)が、深センを訪問中に発表した。深セン市の優秀なソフトウエア開発者を誘致したい考えという。

同CEOは今年8月、中国初となる研究開発拠点を北京に開設する計画を発表している。