[北京 14日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した9月の生産者物価指数(PPI)は前年比0.1%上昇と、2012年1月以来初めて前年比でプラスになった。消費者物価指数(CPI)は、市場予想以上に上昇が加速した。

商品価格の上昇が背景。生産者物価の上昇で企業業績が改善し、過剰債務問題が緩和するのではないかとの見方が出ている。

PPIの市場予想は前年比0.3%低下。前月は0.8%低下だった。

前月比では0.5%上昇。前月比は今夏にプラスに転じた。

PPIは、2012年3月から下落基調で、鉱工業企業の収益を圧迫し、債務返済能力を弱めた。企業の債務は、国際決済銀行(BIS)の直近データで国内総生産(GDP)の約169%に膨れ上がっている。

PPIの上昇は石炭や鉄鋼価格の上昇が主因とアナリストはみている。当局の過剰設備解消の取り組みで供給が絞られ、国内の価格はここ数カ月上昇している。

PNCフィナンシャル・サービス・グループのシニア・インターナショナル・エコノミスト、ビル・アダムズ氏は「物価の上昇傾向が続けば、企業の債務返済能力にはプラスに働く」と指摘。「返済コストは低金利で抑制されており、生産者物価が上昇すれば、中国の鉱工業利益の見通しが改善する」と述べた。

<CPIも加速>

9月の消費者物価指数(CPI)は前年比1.9%上昇で、市場予想の1.6%上昇を上回った。前月は1.3%上昇だった。

原因は食品価格の上昇。プラス幅は8月の1.3%から3.2%に拡大した。

中国国際経済技術交流センターのアナリスト、Zhang Yongjun氏は「CPIの加速は、主に季節要因によるものだ。トレンドは全般的に安定しており、デフレリスクの懸念は解消された」と述べた。

ANZは、デフレ懸念の払しょくで、金融緩和観測が後退するだろうと予想。ただ「人民銀行が近く流動性を引き締めることはないとみられる。為替レート、デレバレッジ、景気減速懸念の間でバランスを取るはずだ」としている。

*内容を追加します。