[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米短期金利先物相場は、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言後も、総じて当初の上昇を維持した。

議長は信用危機による長期的な打撃から回復するには、より緩和的な政策が必要との考えを示した。

フェデラルファンド(FF)金利12月限<FFZ6>は0.5ベーシスポイント(bp)上昇の99.505と、この日の高値をつけた。CMEのフェドウォッチによると、これは市場が12月米利上げの確率を約69%と織り込んだ水準。