[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国株式市場は小幅安。原油の値下がりに伴いエネルギー株が軟調だった。原油が供給過剰懸念から続落し、S&Pエネルギー株指数<.SPNY>は0.6%下がった。

動画配信サービスのネットフリックス<NFLX.O>は、取引終了後の四半期決算発表を控えて1.6%下げた。

オンライン小売りのアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>も1.2%安となり、ネットフリックスとともに一般消費財セクターを押し下げた。

バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>は、四半期決算が3期ぶりの増益となり1株利益がアナリスト予想を上回ったため、0.3%上がった。

予想を上回る好業績だった玩具のハスブロ<HAS.O>は7.4%高だった。

米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長は17日、利上げに踏み切るのは「そう簡単でない」と発言。利上げのタイミングをめぐるこれまでのFRB高官の発言は統一性に欠け、市場にとっては米大統領選や第3・四半期の企業業績とともに不透明要素の1つとなっている。

ただ企業業績については投資家の間で好転期待が広がってきた。トムソン・ロイターのデータでは、S&P500種企業の第3・四半期利益見通しは全体の7%が発表を終えた17日午前の段階で0.1%減と、10月1日時点の0.5%減から上振れした。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.51対1、ナスダックが1.48対1でいずれも下げが優勢だった。

米取引所の合計出来高は約51億5000万株で、過去20営業日平均の65億4000万株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 18086.40 -51.98 -0.29 18135.85 18162.28 18063.02 <.DJI>

前営業日終値 18138.38

ナスダック総合 5199.82 -14.34 -0.27 5213.69 5219.98 5196.03 <.IXIC>

前営業日終値 5214.16

S&P総合500種 2126.50 -6.48 -0.30 2132.95 2135.61 2124.43 <.SPX>

前営業日終値 2132.98

ダウ輸送株20種 8009.53 -29.76 -0.37 <.DJT>

ダウ公共株15種 655.41 +3.62 +0.56 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 805.00 -4.39 -0.54 <.SOX>

VIX指数 16.21 +0.09 +0.56 <.VIX>

S&P一般消費財 621.54 -4.85 -0.77 <.SPLRCD>

S&P素材 290.93 +0.22 +0.08 <.SPLRCM>

S&P工業 493.46 -1.06 -0.22 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 535.02 -2.24 -0.42 <.SPLRCS>

S&P金融 321.06 -1.31 -0.41 <.SPSY>

S&P不動産 192.77 +0.23 +0.12 <.SPLRCREC



S&Pエネルギー 512.00 -2.27 -0.44 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 802.75 -1.63 -0.20 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 165.41 +0.30 +0.18 <.SPLRCL>

S&P情報技術 793.90 -2.17 -0.27 <.SPLRCT>

S&P公益事業 243.83 +1.33 +0.55 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.07億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 16880 0 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 16850 - 30 大阪比 <0#NIY:>