[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比23円88銭高の1万6924円00銭と小幅に続伸した。前日の米国株が下落、為替は1ドル103円台後半まで円高方向に振れるなど外部環境の悪化で朝方は売りが先行。一時は55円安まで下げたが、下値の堅さが確認されると押し目買いが入り、プラスに転じた。不動産、化学が買われたほか、電機、医薬品もしっかりだった。半面、鉱業、ゴム製品はさえない。

人民元基準値が元高方向で設定されたことも投資家心理を改善させたが、日経平均は上値も重く狭いレンジ内の動きにとどまった。市場では「海外勢の間でも日本株は下がらないという認識が広がりつつあるが、米大統領選を通過するまでは大きなポジションは取れないようだ」(むさし証券ストラテジストの中島肇氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1083銘柄に対し、値下がりが720銘柄、変わらずが181銘柄だった。